2004年6月に「雲丹麺(うんたんめん)」など三陸のラーメンを特集しましたが、今回は「宮古ラーメン」をご紹介します。(2005/3/1)

宮古ラーメンというのは、「ラーメン」というよりは昔ながらの「中華そば」で、魚ダシのあっさり味が特徴です。今回は、各お店さんではなく、販売されている宮古ラーメンのご紹介です。
 
   
これは昔っからスーパーに並ぶハニ−食品さんの「宮古ラーメン」。ひそかにファンが多いんです!盛岡でも探して買い求める方がいらっしゃると聞いたことがあります。(盛岡でも置いているお店があるようです)
「食べ終わったあと残ったスープにご飯をいれて、オジヤ風にしてもおいしい」とあり、試してみることに。これが意外とうまい!さらさらっといけるのは、あっさり煮干しダシだからだと思います。
また、スープが多めなのも、オジヤにできるように〜との配慮かな?という気がします。
麺とスープがセットで1食238円。またスープの中に、小さめですがチャーシューとメンマも入っていますので、ネギを刻むだけで具も揃います! (お好きな方はその他の具もどうぞ♪)
   
こちらは、小笠原製麺所さんの「三陸宮古らーめん」。最近スーパーで目にするようになったのですが、他にもチャーシューが多く入った「チャーシュー麺」や、貝類・海草類が入った「磯ラーメン」も販売されているようです。
麺・スープ・チャーシュー・メンマがセットで278円。
こちらもあっさり煮干しだし。麺は黄色で、宮古ラーメンにしては少し太めです。でもちぢれ麺なのでしっかりスープが絡みますね〜。
HOME